秘密基地再建

放っておいた秘密基地を立て直すために、人生の残り時間について考え、試す記録

今日知ったこと―日系外国人が90年代に増えた背景

今日は在日外国人(特に日系の南米国籍の人たち)について勉強した。

入管法が1990年に改正されたこと、バブル期(末期だけど)で人手不足だったこと、南米は逆に経済的に混迷していたこと、などが重なってたくさん入国したと。

わざわざ知ろうとすることもなかったから、お仕事がらみでしらべたんだけど、よかった。

この仕事は少し視野を広げるといろいろ知ることができるのがいい。

割と近い地域にも日系ブラジル人・ペルー人を中心とした居住地があるので、今度足を運んでみたい。

「多文化共生」がキーワードになるかと思うけど、教育者は自分がそれを理解して実践するだけでなくて、その価値を子どもに伝える必要があるね。そこまで伝えていきたい。

勉強する必要があるとわかっていたので昨年取っておいたETV特集もやっと見られた。これは本当によい内容だった。単純にヒューマンドラマとしても心動かされた。

 

www.nhk.or.jp

 

多文化共生社会の保育者―ぶつかってもだいじょうぶ

多文化共生社会の保育者―ぶつかってもだいじょうぶ

  • 作者: J.ゴンザレス‐メーナ,Janet Gonzalez‐Mena,植田都,日浦直美
  • 出版社/メーカー: 北大路書房
  • 発売日: 2004/04
  • メディア: 単行本
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

多文化保育論

多文化保育論

 

 

 

幼児のための多文化理解教育

幼児のための多文化理解教育